<返金保証あり・先着30名限定> 一級建築士試験対策

1日5問10日で完成!
「酒井式:構造力学入門講座」

造が苦手です・・

構造でいつも足切りになってしまいます・・

構造って学生時代に出来ていたとしても、一度実務に出てしまうと全く出来なくなっていたりするのです。

実は、私も構造は苦手分野の一つでした。

しかし、実際には、構造が攻略できていないと、試験で点数は取れないし、

たとえ、ぎりぎりの点数で学科試験を突破して、一級建築士を取得しても一生苦手で・・ という分野になってしまいます。

構造計算書偽造問題があってから、建築業界は一変しました。

確認申請は厳しくなるし、一級建築士という社会的な地位のあり方も変わってきています。

その中で、きちんと基礎力のある使える知識、技術を持った一級建築士がのぞまれているのです。

この講座は、私が一級建築士試験を受験する際に、短期間で最も結果を出すのが早かった科目です。

私は勉強を始めてすぐに構造を攻略するコツをつかんでしまったおかげで幸いにも試験では満点を取る事が出来ました。

構造科目で点数が取れる可能性が高まれば、学科試験の勉強でラクに進めることは言うまでもありません。

今回、私がこの講座をはじめることにした大きな理由は、

「短期間で足きり点数をクリアー出来る実力を身につける」

ということと共に、

「継続的に反復学習できるツールを提供する」

ことにポイントをおいています。

ですから、構造で結果を出すには短期間で毎日継続して勉強できる環境を作ることが最も必要なのです。

そこで、確実に1日5問ずつ理解するという小さな積み重ねをすることで最終的に大きな結果が出ます。

仕事で忙しい中で確実に結果を出すには、少ない問題量ですが、毎朝メールにて配信することで、とにかく10日間だけは継続して構造に集中して勉強できる環境をつくる事にしたのです。

そして、朝に問題をメールで配信し、夕方にメールで解答・解説を配信します。

ここまで何度も反復して学習できるシステムは、他ではなかったので自分で作ることにしました。


sakai


こんにちは、一級建築士の酒井利美です。

このページを訪れているあなたは、きっと構造が苦手で足きり点数すれすれ・・・なのかもしれませんし、又は足切り点数の少し上を目指しているという方もいらっしゃることでしょう。


私が短期間で構造を攻略したステップを通して学習すれば、構造が嫌いなものではなく、楽しく勉強出来ててしまい、余裕を持って勉強に取り組めるようになります。


あなたは、


何もしないで、ただすぎていくだけの10日間になるか・・・


又は、


構造だけは一生懸命頑張った30日間にするのか・・・


10日間、計画的に実行出来れば必ず結果として現れて来ます。



短期間で構造を攻略する秘訣とは・・・


構造を攻略するには、まず問題に多く接しなければなりません。


当たり前のことですが、苦手な人は問題自体を見ることもないので、いつまでたっても上達することはありません。


私も苦手だったので、よく分かります。


がどうしたの?


とか曲げモーメントって何だったかなぁ・・?


等分布荷重の記号はだったよね・・?


三角比って45度のときは1:1:√2とか知ってるほうが得するかな・・?


今だから言えますが、恥ずかしい限りです。


そこで、今回は構造分野を攻略するために過去問から厳選して問題をつくりました。


まずは解いてみてください。


苦手な人は、こういう問題もあるのかなぁ・・

程度に思っていてください。


最終的に出来るようになればよいのですから、現時点では、あせることも悩むこともありません。


こちらはサンプル問題です。


【構造001】


http://www.kenchikusi.jp/mondai/kozo/kozo-001.pdf


実際に、プリントアウトして解いてみてください。


とても基本的な問題ですが、どうでしたか?


1分ぐらいで解けた方、中には、見ただけで答えが分かってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。


まぁそれでもOKです。


何度も言いますが、結果として出来るようになっていればよいのです。


暗記ではないですよ。


学生時代に数学の勉強していたことを思い出してみてください。


数学の問題があって、解答を写して覚えた方が、早く出来るようになりませんでしたか?


つまり、それと同じ仕組みということです。


「構造」という難しそうな問題も、勉強している基本的なことは同じなんです。


ただ、問題に向かって立ち止まらずに、「問題を解く流れ」が身についているかが大切なんですね。



問題が劇的に解けるようになる法則とは・・



とても重要なので手帳にメモしておいて欲しいのですが、


┏━━━━━━━━━━┓
┃          ┃
┃ F=E(a・b) ┃
┃          ┃
┗━━━━━━━━━━┛



Fは結果、成果という意味です。


イコール、Eというのは環境、それに、aが自分、bが相手、それぞれの掛け算で成り立つのです。


結果を出す場合には、Eを変えるか、aという自分自身を変えるか、bという相手を変えることで、劇的な結果をもたらしてくれます。


もっと分かりやすく言うと、Eは環境ですから自分を取り巻く環境を変える。


aは自分が勉強して成長することで変えることです。


bの相手というのは、誰か他人、アドバイザーとかコーチという存在によって変わるということです。


あなたが、今すぐに取り組めるとしたら、何が考えられますか?


それは・・・


自分を勉強をして変えること、成長させることが一番簡単で早いです。


まずは自分を変えることだと思います。


毎日の勉強の積み重ねによって、明日の一級建築士としての道を歩み出すのですから。


そして、Eというのも大事です。


環境を変えること。


たとえば、

  • 問題集を買いに行くとか、


  • 学校に通うとか、


  • 電車の中が勉強部屋だとか、


  • 図書館に行くとか、


とにかく自分が勉強出来る環境を作り出すこと。


そして、bというのは、私が書いているメールセミナーを購読することも当てはまりますが、誰かのサポートを得ることで、成果が現れてくるのです。


つまり、ポイントは全てが掛け算だということです。


どれかがマイナスになったとたんに、たいへんなことになりますよね。


そして、1でもダメです。


現状を維持しようと考えたとたんに、後退していることになるので、1というのはありえないんですね。


いつでもチャレンジしている気持ちで取り組んでください。


さて、話が長くなりましたが、こちらが解答です。


【構造001:解答】

http://www.kenchikusi.jp/mondai/kozo/a/kozo-001a.pdf


私が書いた解答を見ながら、プリントアウトしたものに、自分自身で書き込みしてください。


とにかく手で書かないとダメです。


手と脳は繋がっているからです。


手で書く。

脳を動かす。

復習する。


同じような問題が出来るようになる。


マスターするステップは、とってもシンプルですから、出来なかった方は、何度も書いてみてください。


そして、もう一問サンプル問題を用意しました。


【構造002】


http://www.kenchikusi.jp/mondai/kozo/kozo-002.pdf


こちらも今すぐプリントアウトして取り組んでみてください。


それでは、構造のサンプル問題2の解答は、こちらです。


【構造002:解答】


http://www.kenchikusi.jp/mondai/kozo/a/kozo-002a.pdf


どうでしたか?

解けましたか?


解けない場合には、私が書いた解答を見ながら、プリントアウトしたものに、自分の手で書き込みしてください。



私もそうでしたが、結果が出ないとあせったり仕事が手に付かなかったり・・、実践したいけれど何をどう勉強すればよいか分からない・・ という方は、この機会に参加して圧倒的な結果を出し合格を勝ち取ってください。


それではここで1日分の5問まで解いてみましょう。


http://www.kenchikusi.jp/koza/kozo01-05_mondai.pdf


こちらは問題部分をビデオで分かりやすく解説しています。





こちらは解答と解説です。


http://www.kenchikusi.jp/koza/kozo01-05_kaitou.pdf


こちらは5問分の解答と解説です。





わずか5問の解答で28分です。


ただ、この簡単すぎるところからしっかり理解しないとダメです。


私は構造が苦手でした。記号の意味も分かりませんでした。参考書を見ても意味が分かりません。


先生に聞いても、先生の説明では構造力学初心者にはわからないのです。


なので1つの記号の意味から理解して行く必要がありました。


1つ目が分からないと、2つ目がわからないからです。


それを積み上げると・・・結局のところ試験では満点を取れるようになったのです。


構造力学では、簡単なところをしっかり理解しておかないと先へ進めない、積み上がって来ないということです。


それでは、この講座を受講することで得られることの一部をご紹介しましょう。

  • 10日間集中して問題演習を行うことにより構造が苦手科目から得点できる分野に変わります

  • 構造が出来るようになれば、他の科目の点数も引き上げてくれます

  • 毎朝、「問題メール」、そして、夕方に「解答・解説メール」が送られてくるので、学習のペースがつかめます

  • 仕事が忙しくて問題に取り組めないときには、週末にまとめて問題演習することが出来ます

  • 何度も反復して学習することが出来ます

  • 講座での厳選問題50問だけではなく、パターンを覚えてしまえば他の過去問題も解けるようになっていることでしょう

  • 構造が誰よりも出来るようになれば、構造設計一級建築士になることも夢ではありません。



それでは、実際に配信される問題メールの一部をご紹介しましょう。



(第1日目の朝6時にお届けするメールです)

メールタイトル:

【構造力学入門講座】DAY1問題編


メール本文:

酒井です。

今朝からいよいよ構造力学攻略講座がスタートします。

10日後が楽しみですね。

あなたは構造が苦手ですか?

それとも、構造はかなり得意ですか?

ちなみに、私はかなり苦手でした(笑)

過去問を解いてもさっぱり分かりませんでしたから。

ですが、試験当日には問題が解けるレベルになっていなければなりません。

今、どんな状況でも本番では最高の状態でのぞまなければならないのです。

野球選手で有名なイチロー選手も言っていましたが、
ヒットを打つには、毎日確実に当てるトレーニングをつむことだと。

確実に一つずつ当てることが出来るようになれば、
本番でもきちんと当てることが出来るようになると言います。

確実なものを積み上げること。

一つが二つになり、二つが三つになり・・

そうすると、構造力学分野では、高い確率で
満点近く取れるようになります。

たとえば、妻の美代子はこの勉強を繰り返したところ、
本番では満点を取ることが出来ました。

最初から出来たわけではありません。

はじめは一桁の点数からのスタートでした・・

構造が得点出来るようになれば、一級建築士試験で
他のライバルよりも優位に立てます。

「法規」と「構造」が満点近く狙える分野なので、
できるだけ点数を確保しておきたいところです。

満点を取ろうと肩に力を入れるのではなくて、
普段から問題演習を積んでいれば、自然と取れるようになります。

ですが、高得点を目指すには、まず通過しなければならないのは、
足きり点数を突破することです。

今の時点で、苦手だとすると、
いきなり満点を取れるようにはなりません。

通過点として、足きり点数(基準点)は
最低でも突破してしまうことです。

ですから、今回の構造力学入門講座で、
基本的なところからトレーニングが必要になるんですね。

それでは、問題演習をはじめましょう!

頭で考えるのではなくて、プリントアウトして、きちんと紙に書くことです。

プリンターがない場合には、紙に問題の図を
書き写してから問題を解いてみてください。

計算の過程も省略しないできちんと書いてくださいね。

今回は、問題番号1から5までです。

問題編動画1〜5
http://www.kenchikusi.jp/○○.html

 問題編1〜5(mp4動画ファイルのみ)
 http://www.kenchikusi.jp/○○.mp4

 問題編1〜5(mp3音声ファイルのみ)
 http://www.kenchikusi.jp/○○.mp3


では、解答・解説は夕方お届けします。



問題メールが朝6時に配信になり、
その後解答・解説メールが夕方6時に配信されます。

慣れてしまえば1日5問ずつ問題を解けばいいので、早い人でわずか10分程度の勉強でOKです。

なぜ短時間で可能かというと、私が一般の書店で販売されている問題集や参考書、そして専門学校に通っても手に入れることの出来ないほどの情報量を元に、初心者でも理解出来るように、とことん詳しく書いたオリジナルポイント解説集が可能にしてくれるのです。

プリントアウトして持ち歩けば、通勤電車の中や車の中、ランチの時間など、ちょっとしたすきま時間までも有効活用することが出来てしまいますし、PDF形式ですからスマートフォンでも持ち歩けます。



以上が講座の1部をサンプルとしてご紹介しました。ですが、この内容はまだ1日目分でしかないのです・・



  • 1日5問10日で完成!
    「酒井式:構造力学入門講座」

    お申込み完了から24時間以降の朝6時から講座がはじまります。

    1回当りの問題数:1日5問×10日間

    10日間にわたり徹底的に演習して実践を繰り返すことで実践力を身につけていきます。

    ※メールの配信はインターネットの混雑状況により配信時間が前後する場合があります。

  • 受講料:9,800円 特別価格4,800円(税込)

    ※決済代行会社は株式会社インフォカートになります。

  • メールサポート(3回まで):個別に酒井がメールでサポートします。

  • 返金保証:
    私が自信を持って取り組んでいる講座ですが、ご満足いただけない場合には、いただいた受講料を受け取ることは出来ません。ですから、この講座には返金保証を設けました。原則として講座終了までにお申し出ください。返金理由は問いません。


申し込み

お申し込みの期限は平成28年4月30日(土曜日)22時まで



対応決済サービス

※上記価格での受付は予告なく受付を
終了させていただく場合があります。
次回ページを訪問していただいた際に
完売しているかもしれませんので何卒ご了承下さい。


ご注意:メールを読んだり問題をただ読んだだけで何も勉強していないのに点数がすぐに取れるようになるという他力本願な方は参加しないでください。


心配しないでください。私も勉強を始めたばかりの頃は全く出来ませんでした。

しかし、勉強のコツをつかみ反復して取り組んでいるうちに満点近く答えることが出来るようになり、今では専門学校の講師をするようになりました。

次は、あなた自身の手で合格をつかみとってください。


この講座には返金保証を設けました。私が全てのリスクを取ることにしたのです。

10日間試してみることであなたにリスクはありません。

講座に参加しないで、ただ10日間をすごすことになる方が、よっぽど時間の無駄になってしまうかもしれないのです。

そして、私は無理におすすめすることは絶対にしたくありません。私は合格意識の高い方を優先してサポートしていきたいので、少しでも参加するかどうか悩んでいる方は申し込まないでください。


しかし、私は構造を苦手とする一人でも多くの方に、早い時期に構造を攻略していただき合格を勝ち取って欲しいと心から願っています。


受験生からのメールより

Aさん:一級建築士試験の学科試験の中でも、とくに構造が苦手で毎年足きりになっていました。とにかく苦手意識が抜けませんでしたが、酒井さんの構造講座をとってみると、毎回のメールが送られてくるのでペースよく勉強できました。今では逆に得意科目になりました。ありがとうございました。

Bさん:構造力学がとにかくだめだったので、思い切って酒井さんのネット講座を受講してみることにしました。構造の問題集を買っても、意味が分からないし、ちんぷんかんぷんでやらなかったからです。



プライバシーポリシー 特定商取引に関する表示

建築士JP:S.A.建築デザイン一級建築士事務所:
〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093
TEL:0241-32-3162
(午前10時〜午後17時。土曜日、日曜日、その他祝祭日等を除く。)

Copyright All rights reserved by KENCHIKUSI.JP